家具の選び方家具を選ぶことは
暮らしを選ぶこと

一般的に家具選びで気にかけるのは、空間の広さに対するサイズ感と機能性、そして見た目のデザインのよさ。しかし、何より大切なのが、快適であるか、ということ。そのためには、イメージしておくことも大切です。
  1. 01.想像する
  2. 02.想像する
  3. 03.想像する

[ 暮らしとイメージに合った家具を選ぶ ]3D化からの気づきもある。
専門店だからこそ提案できる
コーディネートの大切さ

空間全体のコーディネートを
具体化することが家具選びのポイント

家具には、ダイニング家具、ソファ、ベッド、そして収納家具などさまざまなものがあり、それらと部屋の壁紙や床板、窓や建具などがまとまることで空間全体の雰囲気が決まります。私たちはそうしたアドバイスをインテリアコーディネーター資格をもった専門スタッフが行うほか、設計図をもとに、平面で見るよりもイメージがわきやすい3Dシミュレーションによって、家具のサイズ感や高さ、動線、使い勝手や色、建具や窓とのバランス、空間の印象などをより具体化しています。

使い手の体型や使い心地に合わせて
カスタマイズできる魅力

職人による手作りの家具は、ソファの座面の硬さや椅子の高さなどを調整できるのが魅力。テーブルの天板までの高さと椅子の坐骨結節点までの高さの差「差尺」から使い手の身長に対する理想的な寸法を算出する、人間工学に基づく寸法も快適な家具選びのポイントです。大量生産の工業製品として作られた安価な家具は高さが決まっており、調整ができません。また、ダイニングテーブルは、ご飯茶碗と箸をもって食卓を囲む日本人ならではの生活習慣に合わせた高さに設定することができます。

リンク

[ 暮らしとイメージに合った家具を選ぶ ]3D化からの気づきもある。
専門店だからこそ提案できる
コーディネートの大切さ

空間全体のコーディネートを
具体化することが家具選びのポイント

家具には、ダイニング家具、ソファ、ベッド、そして収納家具などさまざまなものがあり、それらと部屋の壁紙や床板、窓や建具などがまとまることで空間全体の雰囲気が決まります。私たちはそうしたアドバイスをインテリアコーディネーター資格をもった専門スタッフが行うほか、設計図をもとに、平面で見るよりもイメージがわきやすい3Dシミュレーションによって、家具のサイズ感や高さ、動線、使い勝手や色、建具や窓とのバランス、空間の印象などをより具体化しています。

使い手の体型や使い心地に合わせて
カスタマイズできる魅力

職人による手作りの家具は、ソファの座面の硬さや椅子の高さなどを調整できるのが魅力。テーブルの天板までの高さと椅子の坐骨結節点までの高さの差「差尺」から使い手の身長に対する理想的な寸法を算出する、人間工学に基づく寸法も快適な家具選びのポイントです。大量生産の工業製品として作られた安価な家具は高さが決まっており、調整ができません。また、ダイニングテーブルは、ご飯茶碗と箸をもって食卓を囲む日本人ならではの生活習慣に合わせた高さに設定することができます。

リンク

[ 暮らしとイメージに合った家具を選ぶ ]3D化からの気づきもある。
専門店だからこそ提案できる
コーディネートの大切さ

空間全体のコーディネートを
具体化することが家具選びのポイント

家具には、ダイニング家具、ソファ、ベッド、そして収納家具などさまざまなものがあり、それらと部屋の壁紙や床板、窓や建具などがまとまることで空間全体の雰囲気が決まります。私たちはそうしたアドバイスをインテリアコーディネーター資格をもった専門スタッフが行うほか、設計図をもとに、平面で見るよりもイメージがわきやすい3Dシミュレーションによって、家具のサイズ感や高さ、動線、使い勝手や色、建具や窓とのバランス、空間の印象などをより具体化しています。

使い手の体型や使い心地に合わせて
カスタマイズできる魅力

職人による手作りの家具は、ソファの座面の硬さや椅子の高さなどを調整できるのが魅力。テーブルの天板までの高さと椅子の坐骨結節点までの高さの差「差尺」から使い手の身長に対する理想的な寸法を算出する、人間工学に基づく寸法も快適な家具選びのポイントです。大量生産の工業製品として作られた安価な家具は高さが決まっており、調整ができません。また、ダイニングテーブルは、ご飯茶碗と箸をもって食卓を囲む日本人ならではの生活習慣に合わせた高さに設定することができます。

リンク